栃木・日光・鬼怒川温泉おすすめ観光・日帰り観光コース:フラワーガーデン・ベゴニアガーデン 日光 花いちもんめ


花いちもんめ花辞典


  2000:  チェリーセージ 
チェリーセージ 
ハーブとして分類されています。シソ科サルビア属ですから,花はサルビア,ブルーサルビア,ベニバナサルビアなどによく似ています。
 
チェリーセージは観賞用のセージで、目の覚めるようなチェリーレッドの花を春から秋まで休みなく咲かせ、花の少ない季節もガーデンを明るく彩ってくれます。花も葉も甘くすばらしい香り。

コモンセージなどのように、料理や薬用にはしませんが、生の葉や花びらを、飲み物に浮かべる、サラダに散らす、クッキーに貼り付けて焼く、などの楽しみ方ができます。

花の見られる季節は 4 月から 11 月頃までと長い間楽しめます。

※画像をクリックすると画像が拡大します。

  2200:  ネオレゲリア
ネオレゲリア
ブラジルの熱帯雨林に約50種が自生しています。小型のアナナス類で、多くは葉を放射状に広げてロゼット状に生育します。株の中央部に咲く白や紫色の小花は目立ちませんが、中心部が赤色などに色づいて美しく、。多くの園芸品種があります。‘

着生種で、ロゼット状に出る葉の基部は短筒状になります。葉色は緑色地に黄白色の縦斑が不規則に入ります。葉縁には短く鋭いとげを持ち、開花期には中心部の葉が赤色になり、観賞価値が高い。花は葉の筒状部の埋没した形で薄紫色の花弁をつけます。
葉色は光沢のある淡いワインレッド色になります。

※画像をクリックすると画像が拡大します。

  2300:  アブチロン
アブチロン

アブチロンは熱帯や亜熱帯産で、トロピカルな花色が印象的な植物です。

つる性の品種や独特の斑入りが他の植物には無い印象を与えます。


※左画像をクリックすると画像が拡大します。

  2400:  ポーチュラカ
ポーチュラカ

夏の炎天下の中でも元気に花を咲かせる草花で本来は毎年花を咲かせる多年草ですが日本の冬の寒さには耐えられず枯れてしまうことが多いので一年草として扱うこともあります。

花は2〜3cmで白、ピンク、赤、黄色、オレンジなどの花色があり複数色を混ぜて植えるとカラフルでにぎやかな花壇になります。茎は立ち上がらずに横に這うようにしてのびていきカーペット状に広がります

※左画像をクリックすると画像が拡大します。

  2500:  オーシャンブルー:琉球朝顔
オーシャンブルー:琉球朝顔
「オーシャンブルー」は、ノアサガオの園芸品種です。ノアサガオは、Ipo沖縄原産で、同県では低地の森林や藪にごく普通に分布する野生種で、多年生・宿根性で、関東以南では越冬して成長し古い茎はやや木質化します。ノアサガオが園芸用として品種改良されたものが「オーシャンブルー」です。

時刻と気温によって花の色が変化し、早朝は青く昼は紫になります。結実しないのでアサガオのように種を取ることはできず、挿し木で繁殖させる。夏から秋に古い蔓を30センチほどに切って浅く植えると簡単に根付きます。

※左画像をクリックすると画像が拡大します。