栃木県日光市:栃木・日光・鬼怒川温泉:フラワーガーデン・ベゴニアガーデン 日光 花いちもんめ:ベゴニアの紹介

ベゴニアガーデン:日光・花いちもんめ ベゴニアの紹介 


ベゴニアとは

ベゴニア (Begonia) とは、シュウカイドウ科シュウカイドウ属(ベゴニア属、学名 Begonia)に属する植物の総称です。
Begonia の名は、フランス領アンティル諸島の総督(在職1682-1685)であったフランス人ミシェル・ベゴン(Michel Begon, 1638-1710) の名に由来します。
ミシェル・ベゴンは、アンティル諸島の珍しい植物を採取するためフランスの植物学者シャルル・プリュミエール (Charles Plumier) をアンティル諸島の植物採集者としてフランス王ルイ14世推薦しました。シャルル・プリュミエール (Charles Plumier) が1700年に出版した書物の中で6種の花をベゴニア属として紹介したのがベゴニアの名称の始まりです。
 ベゴニアは、2000種余りの原種と、15000を超える交配種があるといわれています。原種は、オーストラリアを除く世界中の熱帯や亜熱帯に分布し、特にメキシコからブラジルにかけての中南米、中国南部から東南アジアにかけての地域に、多くの種が分布しています。
 様々な環境に適応して分布することから、非常に変化に富んだ一属となっています。共通する特徴は、左右非対称の葉を持つこと、雌雄異花であることです。
大変多くの種類があるため、植物学上様々な分類がされていますが、園芸上は、以下のようなグループに分けられています。

  1. 球根ベゴニア (Tuber hybria)

    • スタンドタイプ
    • ハンギングタイプ


  2. 球根性ベゴニア (Tuberous Begonia)


  3. 木立性ベゴニア (Erect Stemmed Begonia)


  4. 根茎性ベゴニア


  5. レックスベゴニア


  6. センパフローレンス


  7. エラチオールベゴニア


  8. 冬咲きベゴニア

ベゴニアガーデン:日光・花いちもんめの球根ベゴニアスタンドタイプの紹介

現在、準備中です。


ベゴニアガーデン:日光・花いちもんめの球根ベゴニアハンギングイプの紹介

現在、準備中です。


ベゴニアガーデン:日光・花いちもんめの木立性ベゴニアの紹介

現在、準備中です。


ベゴニアガーデン:日光・花いちもんめの根茎性ベゴニアの紹介

現在、準備中です。


ベゴニアガーデン:日光・花いちもんめのレックスベゴニア・センパフローレンスの紹介

現在、準備中です。